リンが含まれている食品は沢山あります

リンは、レトルト食品や加工食品、添加物として
多く使われていて、リンが不足する事はほとんどありません。

リンはカルシウムと、ともに骨と歯を作る事を助けてくれる
働きがあり、リン脂質として細胞膜を構成する事によって、
エネルギー代謝や脂質代謝を助けてくれる働きや
糖質の代謝を助けてくれる働きもあります。

リンは過剰摂取しすぎると肝機能や甲状腺ホルモンの機能が低下
したり、骨からカルシウムが放出されてしまい
骨のカルシウム不足になることもあります。

リンは一日に男性ですと1000mg、女性ですと900mgを
必要としています。

一日にの上限値として3000mgになっています。
リンの多い食品は沢山ありまして、植物性食品、動物性食品、
全般に含まれています。

豆類ですと、
大豆580mg、きな粉520mg、乾燥空まめ440mg、
乾燥いんげん豆400mgが含まれています。

種実類ですと、ゴマ540mg、カシューナッツ490mg、
アーモンド480mg含がまれています。

藻類ですと、味付けのり710mg、焼きのり700mg、
ほしのり690mg、いわのり530mgが含まれています。

魚類ですと、スルメ1100mg、干しえび990mg、鰹節940mg、
ドジョウ690mgが含まれています。

乳類ですと脱脂粉乳1000mg、パルメザンチーズ850mg、
プロセスチーズ630mg、エダムツチーズ470mgが含まれています。

それ以外ですと、
小麦麦芽1100mg、卵黄570mg、そば粉400mgが含まれています。

自宅で献立をたてるときの参考にしてください。

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ