マグネシウムのもたらす効果|偏頭痛や便秘になどにも有効

マグネシウムは、偏頭痛や便秘に効果があるとして
とても有名なミネラルです。

マグネシウムには、喫煙などで起こる血小板の凝集や、
血管の収縮を抑える効果をはじめとして、過労や睡眠不足、
ストレス解消の力となります。

また、偏頭痛起こりやすくなる原因として、カルシウムが
脳まで運ばれずに細胞の中に溜まるることで、血管が緊張してしまう
事が挙げられますが、それを防ぐ働きもありますので、
現在の医療の世界においても、偏頭痛に大変効果があるとされています。

ストレスの多い方には、精神の安定に働くための
神経伝達物質の生成にマグネシウムは必要で、抗ストレスホルモンを
作り出す副腎皮質の機能を、助ける働きもありますので効果的です。

他には骨の形成や筋肉の収縮は、カルシウムの役割だと認識されがち
ですが、カルシウムはマグネシウムと2:1の摂取バランスが
理想とされていますので、必ず必要不可欠なミネラルとなります。

また、多くの女性が悩まされているダイエット効果にも期待があり、
代謝に関係する酸素の活性化や、糖分をエネルギーに
変換する働きもあります。

ですから、体内の水分を腸に集め、腸に残っている宿便が
体外に排出されやすくなりますので、肥満の原因の一つでもある
便秘に絶大な効果を発揮します。

これらの優れた効果を医療機関では、酸化マグネシウムや
炭酸マグネシウムといった薬を調合し、便秘症患者に処方する
ケースが多い様ですが、

最近では各健康食品や美容食品などを
取り扱い販売しているお店でも、いつでも気軽に飲める
サプリメントも多数の需要があります。

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ