カルシウム不足の原因と症状|成人病の引き金に

日本人はお米や魚を主食とした食生活を送っていましたが、
欧米化に伴い魚を摂る機会が減ってきたことが
原因の一つのようです。

カルシウムが不足すると様々な成人病の引き金に
なってしまいます。

成人病を防ぐには、まずカルシウムを補給し、
体質改善をすることが大切です。

カルシウムが不足するとどうなるのでしょうか。

①骨の発育に影響するカルシウム不足の症状として、
骨の発育に影響します。
骨の主成分はカルシウムなので、当然カルシウムが不足する
と成長に支障がでてきます。

②血液バランスに影響カルシウム不足になると、
血液の流れが悪くなり、足がつりやすくなったり、
手足がしびれやすくなります。

③各疾患に影響カルシウム不足が高血圧や骨粗鬆症・動脈硬化など
の原因となっています。
カルシウムは血管などの細胞の活動にも大きな影響を与えています。

④イライラ感カルシウムが不足している人は、
イライラしている人が多いです。これらはスナック菓子や
加工食品の食べすぎなどが影響しているようです。

⑤免疫力の低下カルシウムが不足すると免疫力が低下し、
病気にかかりやすくなります。他にも、カルシウムが不足する
と胃がんになりやすく、十分にカルシウムを摂ることで
胃がんの予防に繋がるそうです。

また、カルシウムには痛風の痛みを消す効果があるそうです。
尿酸が過剰になって酸化傾向を強めた血液を、弱アルカリ性に戻す
働きがあることが認められています。

カルシウムを摂取することにより様々な予防に繋がるので、
普段から意識して摂りたいものです。

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ